ケーススタディ

  1. Lube oil in compression chamber

    シリンダ内の過剰な潤滑油堆積を振動で検知したケーススタディ

    往復動圧縮機で問題が発生しやすのが、再起動のタイミング。本日は、起動時のトラブルの主原因解析を行い、圧縮室への潤滑油混入を特定した事例をご紹介します。

  2. Babbitt metal wear on crosshead

    ロッド変位による自動インターロックで、クロスシューの致命的損傷を回避!

    往復動圧縮機の数ある部品の中でも、重要とされる駆動部品にクロスヘッドがありますよね。本日はオンライン状態監視システム「PROGNOST®」で、関連部品のクロスシューの摩耗を検知し、緊急停止した事例をご紹介します。

  3. Detection of bearing failure in a large extruder gearbox

    「●●値のトレンド管理」で大型ギアボックスの計画的メンテナンスを実現したケーススタディ

    以前、押し出し機に関するコラムを掲載したところ、反響がありました。特に、ギアボックスの不良検知が課題になっている企業は多く、昨年は食品会社や化学メーカーのご担当からご相談が寄せられました。

  4. Bild1-1

    機器シャットダウン直前、CMSは何を「見た」のか?

    本日はコンディションモニタリングシステムの導入を検討されている方向けに、当社がお取り扱いしている「PROGNOST(プログノスト)®システム」が取得した実際のトレンドデータとともに、往復動圧縮機での不良検知事例をご紹介していきたいと思います。はじめに、簡単に事例の概要を記載します。

  5. damaged-bearing

    モニタリングシステムが機器を緊急停止!クランクシャフトベアリングの不良を検知した手法とは?

    当社のコラムをご覧いただいている方の多くは、プラントや工場で設備保全をご担当されている方や、オペレーターで機械の日常点検を兼務されている方など、保全業務に関する情報収集をされたい方だと思います。

記事カテゴリー

軸受診断

イージーレーザー

イージーレーザー

ページ上部へ戻る