ケーススタディ

  1. Early detection of rider ring damage on a Free Floating Piston3

    pV線図活用によるライダーリングの不良検知事例

    フリーフローティングピストンを採用したトマッセン社製の往復動圧縮機を使用している海外企業のケーススタディをご紹介します。

  2. using-temporary-online-monitoring

    短期間モニタリングによる定期的な機器の「健康診断」

    「回転機械の状態監視システムを導入したい」と思っても、さまざまな事情から検討が進まない……このような状況を経験された方はいらっしゃるのではないでしょうか。本日は検討を進めるために有用なPROGNOST®システムによる短期間の計測サービスについてご紹介します。

  3. Detected misalignment in the input shaft bearing

    FFTバンド解析もオンライン状態監視システムで!ギアボックスのミスアライメント検知事例

    システムを利用したギアボックスのオンライン状態監視での不良検知は軸受やギアの摩耗や傷がメインだと思っていませんか?それ以外にも、シャフトのミスアライメントの検知ができた実例もあるんですよ。

  4. clearance-between-crosshead-and-pistonrod
  5. Clogged discharge valve4

    吐出弁の閉塞により、圧縮効率が低下。バルブ異常を検知したケーススタディ

    往復動圧縮機で起こる不良の実に8割以上がバルブ(シリンダ弁)といわれています。過酷な環境で稼働し続ける部品であり、特にスプリングやディスク(プレート)など、内部部品が壊れやすい上、ダーティなガスを圧縮している場合、起こる現象の一つが「閉塞」です。

記事カテゴリー

軸受診断

イージーレーザー

イージーレーザー

ページ上部へ戻る