低速回転

  1. Online job concept

    低速回転の状態診断ニーズの高まりを受け、オンライン常時監視・診断システム導入検討の業界に変化?!

    当社がオンライン常時監視・診断システム(CMS:Condition Monitoring System)のお取り扱いを始めたのは2010年頃でした。当時は主に石油精製、化学プラントのご担当向けに説明会を実施し、お引き合いのほとんどが重工業関連の企業でした。

  2. Industry 4.0

    Industry 4.0(第四次産業革命)を実現する9つの技術

    IoT(Internet of Things)による予知保全は、近年、その注目が高まっています。しかし、それ以前から、プロセスプラントではすでに温度や圧力、振動などのデータをDCSに取り込み、モノに関するデータの集積を行っていました。

  3. Detection of bearing failure in a large extruder gearbox

    「●●値のトレンド管理」で大型ギアボックスの計画的メンテナンスを実現したケーススタディ

    以前、押し出し機に関するコラムを掲載したところ、反響がありました。特に、ギアボックスの不良検知が課題になっている企業は多く、昨年は食品会社や化学メーカーのご担当からご相談が寄せられました。

  4. Engine gears wheels and cogwheels. Industrial background. 3d illustration

    押し出し機トラブルによる損失●千万、回避のための対策とは??

    樹脂製品の製造や加工において、重要な役割を果たしている「押し出し機」。数ある設備の中でも、不良が起きやすく、加えて部品の状態診断が難しいとされてきました。特に、スクリューとシリンダー(バレル)が接触するような重篤トラブルの場合、その損失額は数千万円にのぼることもあると聞きます。

  5. Prognost_Predictor_image#1

    振動診断では難しいとされる低速回転軸受や、ギアの状態監視に最適!PROGNOST®-Predictorでできること

    弊社では2000年からMHCという、AE(アコースティック・エミッション)技術を用いたポータブル式の軸受診断器をお取り扱いしてきました。

  6. IMG_0701

    [導入事例] EMセンサ・RIS(電磁センサを用いた軸受診断)

    今回ご紹介する製紙会社様では、長年、低速回転軸受の診断が課題として挙がっていたそうです。ご担当者様が展示会に来場された際、電磁センサ搭載ベアリング診断器 EMセンサ・RISをご覧になったのがきっかけで検討がはじまり、最終的に納品に至りました。今回はこちらの事例をご紹介させていただきます。

  7. Red magnet and colorful ball , This is a computer generated and 3d rendered picture.

    低速回転軸受の精密診断が可能な手法、「EM」とは?

    軸受(ベアリング)の診断手法は、聴音や触診にはじまり、振動やAEといったツールを使う手法まで、さまざまなものが存在しています。

  8. chaotic waveforms over white background. hq render

    [まとめ記事] AE (アコースティック・エミッション)とは?その優位性を簡単解説!

    以前の記事でご紹介したベアリングの診断手法の一つ、アコースティック・エミッション(Acoustic Emission/AE)。「AEとはどういった現象なのか?」「汎用的な診断手法である振動との相違点は?」「AEの優位性は何なのか?」よくあるご質問を一つずつ解説していきます。

記事カテゴリー

軸受診断

イージーレーザー

イージーレーザー

ページ上部へ戻る