オンライン状態監視|モニタリングシステム

  1. clearance-between-crosshead-and-pistonrod
  2. Clogged discharge valve4

    吐出弁の閉塞により、圧縮効率が低下。バルブ異常を検知したケーススタディ

    往復動圧縮機で起こる不良の実に8割以上がバルブ(シリンダ弁)といわれています。過酷な環境で稼働し続ける部品であり、特にスプリングやディスク(プレート)など、内部部品が壊れやすい上、ダーティなガスを圧縮している場合、起こる現象の一つが「閉塞」です。

  3. Early Recognition of abnormal Wear Conditions

    ライダーリング摩耗の状態監視で、異常摩耗を早期に検知したケーススタディ

    コンタミなどによって引き起こされるアブレシブ摩耗。レシプロコンプレッサー(往復動圧縮機)の場合、圧縮室への異物混入により、ライダーリングの異常摩耗を引き起こすことがあります。

  4. shutdown-of-a-critical-compressor-due-to-a-crosshead-fracture

    クロスヘッド振動の36セグメント解析による機器シャットダウン事例

    往復動圧縮機はさまざまな機械要素で構成され稼働しています。その中でも重要な駆動部のクロスヘッドで不良が発生すると、機器全体の致命的損傷につながることもあり、早期の不良検知が望ましいとされています。

  5. Piston rod fracture with safety trip

    駆動部不良の典型、短期間での振動増加を的確にとらえるには「オンライン常時監視」!

    往復動圧縮機の駆動部における不良は、長期間でリニアに進行せず、突発的かつ瞬間的に発生します。監視システムはこのような瞬間的変化をベースに警報発報、必要に応じてインターロックすることが極めて重要となります。

記事カテゴリー

軸受診断

イージーレーザー

イージーレーザー

ページ上部へ戻る