軸受診断

  1. Detection of bearing failure in a large extruder gearbox

    「●●値のトレンド管理」で大型ギアボックスの計画的メンテナンスを実現したケーススタディ

    以前、押し出し機に関するコラムを掲載したところ、反響がありました。特に、ギアボックスの不良検知が課題になっている企業は多く、昨年は食品会社や化学メーカーのご担当からご相談が寄せられました。

  2. 031-peoples-illustration

    軸受の不良診断をしていたら、●●不良が判明!データを交え、実例をご紹介。

    機械故障の一因として一般によく知られているのがベアリング(軸受)の不良ですよね。当社では主に設備保全に関する情報を発信しているため、適切なタイミングでグリスアップを行い、トラブルを未然に防ぎたいというお客様から関連のお問い合わせを多くいただきます。

  3. Online job concept

    低速回転設備でも適用できる?!オンライン状態監視システムを簡単解説!

    当社では、4年ほど前から、設備保全に関するコラムを配信してきました。数年前は「ベアリング 診断」や「AE 軸受」で検索される方が多かったようなのですが、ここ最近は、オンラインシステムを検索されてWebサイトにたどり着いたという方からのお問い合わせがほとんどです。

  4. Prognost_Predictor_image#1

    振動診断では難しいとされる低速回転軸受や、ギアの状態監視に最適!PROGNOST®-プレディクターでできること

    弊社では2000年からMHCという、AE(アコースティック・エミッション)技術を用いたポータブル式の軸受診断器をお取り扱いしてきました。

  5. IMG_0701

    [導入事例] EMセンサ・RIS(電磁センサを用いた軸受診断)

    今回ご紹介する製紙会社様では、長年、低速回転軸受の診断が課題として挙がっていたそうです。ご担当者様が展示会に来場された際、電磁センサ搭載ベアリング診断器 EMセンサ・RISをご覧になったのがきっかけで検討がはじまり、最終的に納品に至りました。今回はこちらの事例をご紹介させていただきます。

記事カテゴリー

軸受診断

イージーレーザー

イージーレーザー

ページ上部へ戻る