メンテナンス

  1. image_fft_1

    FFT解析をもっと手軽に、高解像度で!まずは軸受不良の判定から始めてみませんか?

    FFT解析をすることでわかる回転機械の不良にはどのようなものがあるかご存知ですか?アンバランスやミスアライメント(芯出し不良)のほかに、軸受の不良検知にもFFT解析は用いられています。

  2. IMG_6393

    ロール設備の平行度・水平度調整、レーザー式で測定できる設備と測定方法

    さまざまな製品の製造ラインや搬送用に使われているロール設備。そのロール設備の測定方法、精度に満足されていますか?日本では気泡管やダイヤルゲージなどを使用して、水平度と平行度を調整する手法が一般的ですね。

  3. 031-peoples-illustration

    軸受の不良診断をしていたら、●●不良が判明!データを交え、実例をご紹介。

    機械故障の一因として一般によく知られているのがベアリング(軸受)の不良ですよね。当社では主に設備保全に関する情報を発信しているため、適切なタイミングでグリスアップを行い、トラブルを未然に防ぎたいというお客様から関連のお問い合わせを多くいただきます。

  4. Engine gears wheels and cogwheels. Industrial background. 3d illustration

    押し出し機トラブルによる損失●千万、回避のための対策とは??

    樹脂製品の製造や加工において、重要な役割を果たしている「押し出し機」。数ある設備の中でも、不良が起きやすく、加えて部品の状態診断が難しいとされてきました。特に、スクリューとシリンダー(バレル)が接触するような重篤トラブルの場合、その損失額は数千万円にのぼることもあると聞きます。

  5. pixta_55095909_S

    ポンプ・機械の据付工事受注のために、知っておくべき「顧客ニーズの変化」を解説!

    本日のエントリーは、据付工事やメンテナンス会社にてポンプやモーターなどの回転機械の据付、芯出し作業を請け負っている方向けです。

  6. xt770

    レーザー式芯出しシステムを導入する工事業者様が増加中!そのメリットとは?

    少しずつではありますが、暖かくなってきましたね。皆さんがお住いの地域はいかがでしょうか。本日は、実際の導入事例を交えながら、レーザー式芯出しの特徴やメリットについて、ご紹介しようと思います。

  7. pixta_30456861_M

    工作機械の加工精度向上のカギは〇〇!持ち運びに便利なツールとは?

    頻繁に展示会が開催されている、今"アツイ"業界は何かご存知ですか?それは、工作機械業界です!機械要素技術展は名古屋、東京、大阪と1年間に3回の開催、今年は隔年開催のJIMTOF(日本国際工作機械見本市)も11月に6日間にわたり、開催されました。

  8. e975

    [導入インタビュー] イージーレーザー®ロールアライメント(ロールの平行度・水平度測定)

    今回はイージーレーザー®ロールアライメントシステムの新規導入事例のご紹介です。X社様からはじめてお電話をいただいたのは2016年の5月のことでした。当時、営業担当者が訪問し、製品のご紹介とデモ計測を実施しましたが、その時は残念ながら諸事情によりお見送りとなりました。

  9. machine for rolling steel sheet

    平行度・水平度・平面度測定器への投資が進む業界とは?ご提案内容を一部ご紹介!

    ここ最近、ニュースで「好景気」「バブル」という言葉を耳にする機会が増えました。日経平均株価は2016年1月の18000円台から、1年間で6000円近く上昇し、この記事を書いている2018年1月現在、24000円に迫る勢いです。

  10. Process of caramel and chocolate production set of horizontal colorful banners? chocolate factory colorful detailed vector Illustrations

    食品業界でのベアリング診断検討ケースを一挙ご紹介!~Part 2~

    9月に配信したコラムで食品業界でBM(ブレイクダウン・メンテナンス:事後保全)やTBM(タイムベース・メンテナンス:時間基準保全)からCBM(コンディションベース・メンテナンス:状態監視保全)への転換期を迎えている企業が増えてきたというお話をしました。

  11. casestudy1

    スキー場の高揚程ポンプの芯出しを内製化!設備保全・メンテナンスの時流とは?

    今まで、何回かご紹介してきたレーザー式芯出しシステム『イージーレーザー®』。弊社がお取り扱いするようになってから10年以上が経ちます。

  12. xt660

    ダイヤルゲージからレーザー式へ。対象設備の幅広さが魅力のレーザー式でできること

    最近、レーザー式芯出しシステムのお問い合わせが急増しています。レーザー式の良いところは、どなたでも簡単に使用でき、精度が求められる現場にも対応できるところですよね。今回は最近お問い合わせをいただいたり、導入いただいたりした企業様の傾向、抱えている課題を解説します。

  13. ロール平行度

    ロール設備の平行度・水平度を高精度に測定!レーザー式システム選定の3つのポイント

    近年、医薬品や半導体、フレキシブル基盤などの用途拡大、需要増加に伴い、高機能フィルムを製造するロール設備の保全は、ますます高い精度を求められる時代になりました。

  14. windmill with

    参入が相次ぐ風車の保守・メンテナンス業界!なぜ今注目を集めている?

    先日、ある展示会の説明を伺うため、営業の方と面会しました。その際、話題になったのが、「風車の保守・メンテナンス」。最近、この業界への新規参入や事業拡大の動きが目立ってきているというのです。

  15. Disassembled metal bearing with attrition. High resolution 3D

    FFT解析で軸受の不良個所を特定!どんなメリットがあるの?

    軸受(ベアリング)の不良個所が特定できるFFT解析について以前解説しました。では、「軸受の不良個所」すなわち”内輪”、”外輪”、”転動体(コロ)”、”保持器(リテーナー)”のどこに損傷が起きている可能性が高いのかを判別することのメリットとは何なのでしょうか。

記事カテゴリー

軸受診断

イージーレーザー

イージーレーザー

ページ上部へ戻る