往復動圧縮機

  1. ai

    注目ワードの「ビッグデータ・AI」。回転機械の保全ではどのように活用される?

    数年前から、設備保全やメンテナンスの展示会でもビッグデータやAI(人工知能)を活用した予知保全をテーマにした企業の出展が増えました。

  2. top

    往復動圧縮機の状態監視にロッドポジションセンサの設置を推奨するその理由。どのような異常が検知できるか知っていますか?

    往復動圧縮機のオンライン監視のために設置する各種センサですが、それぞれの用途、解析によってわかることが何かご存知でしょうか。本日は、PROGNOSTシステムズ社が提供しているYouTubeチャンネルから、「ロッドポジションセンサ」についての解説動画を日本語解説付きでお届けします。

  3. sensor position

    オンライン状態監視用センサ設置のポイントとは?往復動圧縮機の特色を理解して設置しよう!

    トップの写真には往復動圧縮機の模式図が描かれています。一番左側にあるのが、クランクケース(クランクシャフト)とフライホイールです。コネクティングロッドを介してクランクシャフトの回転運動をクロスヘッドにてピストンロッドの往復運動に変換しています。そして、一番右側に書いてあるのがピストンとシリンダです。

  4. wear-monitoring-of-riderring

    ライダーリング摩耗量を自動計算。オンライン状態監視システムを活用して計画的交換が可能!

    石油精製・化学プラントになくてはならない存在の往復動圧縮機(レシプロコンプレッサー)。シリンダ内を往復し、ガスを圧縮するピストンには、それぞれ役割の違う2種類のリングが組み付けられています。中でもライダーリングは、重さ数十~百キロにも及ぶピストンを支える重要な役割を担っています。

  5. Bild1-1

    機器シャットダウン直前、CMSは何を「見た」のか?

    本日はコンディションモニタリングシステムの導入を検討されている方向けに、当社がお取り扱いしている「PROGNOST(プログノスト)®システム」が取得した実際のトレンドデータとともに、往復動圧縮機での不良検知事例をご紹介していきたいと思います。はじめに、簡単に事例の概要を記載します。

記事カテゴリー

軸受診断

イージーレーザー

イージーレーザー

ページ上部へ戻る