軸芯出しのケーススタディ ~メンテナンスサービス編~

本日は、イージーレーザー社のブログ記事から、オランダのメンテナンス会社であるWikkelbedrijf Antes社のケーススタディをご紹介します。

Wikkelbedrijf Antes社は、イージーレーザー®XT440シャフトアライメントシステムの使用をいち早く始めました。次世代モデルのイージーレーザー®製品により、同社は調整プロセスをより簡単、かつ効率的にすることができただけではなく、自社とクライアント両方の時間と費用を削減することに成功しました。

Wikkelbedrijf Antes社の会社概要

オランダのランドグラーフ市に拠点を置くWikkelbedrijf Antes社は、モーター、ポンプ、産業用ギアボックスなどの機械を専門とする産業メンテナンス会社です。2016年11月、同社は次世代モデルをテストする最初のプロフェッショナルユーザーのうちの1社として、イージーレーザー®XT440シャフトアライメントシステムの使用を開始しました。研修マネージャーのMarcel Keularts氏にインタビューに応じていただきました。

--イージーレーザー®XT440シャフトアライメント導入の利点は何でしょうか?

この新しいシステムは非常に単純で、習得して作業するのが簡単です。従来のシステムとは異なり、XT440は完全にワイヤレスで便利ですし、セットアップと使用が迅速に行えます。マシンの調整がかなり早くできるようになり、クライアントのダウンタイムが最小限に抑えられ、コストも節約できます。また、同時に機械工の作業時間も短縮されました。

--他社製品ではなく、イージーレーザー®を選んだ理由は?

イージーレーザー社の代理店からのXT440システムの案内がポイントになりました。当社を担当している営業のRick van Lin氏は、新発売されたXTシステムを見せてくれましたが、私たちに購入するように強いることはありませんでした。私たちに適正な価格を提示し、システムがどのような場面で使えるかを説明してくれました。

導入時に担当からトレーニングを受けることもできましたが、Rickの説明で十分XT440を使いこなせるようになりました。全体的に、イージーレーザー社と営業担当には非常に満足しています。

--イージーレーザー®XTシリーズでは、マルチプラットフォームテクノロジーを採用しています。

自社のニーズにあわせてディスプレイユニットや、タブレットなど、結果確認の方法を4種類から選択し、使用できる点が素晴らしいと思います。当社ではiPad に測定結果を表示することにしました。iPadでの作業は私たちにぴったりですし、iPadを利用することで導入コストも削減できました。

さらに、イージーレーザー®XTシリーズでは、調整が完了すると、関連するすべての測定データを含むレポートが自動的に作成されます。レポートはPDFとExcelファイルいずれの出力にも対応しており、ファイルは、電子メールで簡単に共有したり、USBに保存したり、PCやプリンターに送信したりできます。この機能は私含め、同僚が高く評価している機能です。

--なぜレポート作成機能を評価いただけているのでしょうか?

このレポート作成機能は、私たちとクライアントにとって重要な機能です。レポートはすぐに作成でき、保存、共有、アクセスが簡単です。調整後に、クライアントのマシンの1つで問題が発生した場合でも、クライアントと一緒にレポートを見ながら、以前と同じアライメント状態であるかどうかを確認できます。

システムで直接、簡単にカスタマイズして、独自のロゴや測定した機械の写真を追加できる点も便利で、気に入っています。

--その他に評価いただいている点はありますか?

XT製品がIP66およびIP67に分類されている点ですね。場合によっては屋外で機械を調整する必要があるため、XTユニットが防水性を備えていることは私たちにとって大きな価値があります。ご存知かもしれませんが、ここオランダではかなりの雨が降っているからです。

翻訳・編集/いしだ

※本サイトは鉄原実業株式会社が運営しております。


関連記事

  1. オプション治具使用で測定できるケースが知りたい!レーザーでの軸芯出し

  2. 軸芯出しの重要性:ポンプのシャフトアライメント

  3. 機械のアライメント調整時間に関係する〇〇問題もレーザーアライメントで解…

  4. チャックなど、独立した回転軸の同軸度測定

  5. 冷却塔の軸芯出しをレーザーアライメントで簡単・正確に。エネルギーコスト…

  6. 複雑なジャックシャフトアライメント調整も、レーザー式でイージーに!