ロール設備の平行度・水平度測定

印刷/フィルム化工機、圧延装置、搬送ロールの測定・調整

用途

◆ さまざまなサイズ・タイプのロールの芯出し、平行度・水平度測定(レベル出し)
◆ ロールレール、上吊用レール、構台、金属シートカッター、生産ライン、搬送ロール等の測定
◆ サクションボックスや基礎のレベル、平面度の測定

こんな方におすすめです

◆ 高機能(薄膜)フィルム素材、鋼板(厚板・薄板)、金属箔(銅箔・アルミ箔)、製紙、印刷など、ロール設備の保全業務に携わっている方
◆ ロールのズレ・傾きなど、芯出し不良による製品のヨレ・シワ(生産ロス)にお困りの方
◆ ダイヤルゲージよりも高精度な測定を短時間で行いたい方
◆ ベテラン頼みの体制からの脱却を図りたい企業
◆ 自社スタッフによる測定を行い、高額な外注費を削減したい企業や、機密保持に関わる機械の情報漏洩を避けたい企業

ご利用例

各種印刷機械、フィルム機械、プラスチック製造、圧延装置、搬送ロール、製紙、製鐵など

導入インタビュー

  ケミカル製造
  機械メーカー

ロール設備の平行度・水平度測定に関するブログ記事

  ロール設備の平行度・水平度調整、レーザー式で測定できる設備と測定方法
  ジオメトリー測定のケーススタディ ~段ボール機械メーカー編~

ロール設備の平行度・水平度測定に関するFAQ

  Q. 高さ方向が異なるロールを測定することは可能ですか?