船舶メンテナンス

船舶の各種アライメント、通り芯測定


利用シーン・解決できる課題
● 軸芯出しの作業時間の短縮、効率の改善を行いたい。
● スタンチューブの真円度、ディーゼルエンジンやスタンチューブ(またはギアボックス)に対するメイン(ジャーナル)ベアリングのアライメント調整など、船舶にまつわる通り芯をトータルで管理したい。
● ミスアライメント(芯出し不良)をなくし、安定稼働を実現したい。
● 振動の影響を受けづらい手法で軸芯出しを行いたい。
● ベテラン技術者の退職問題、熟練作業者が減少し、若手への芯出し技術の継承ができていない。
● 作業員の技術力にムラがあるため、均一化したい。
● ヒューマンエラーを防止したい。

イージーレーザー®の特徴

高精度な軸芯出し、通り芯測定を実現

船の耐用年数の期間、安全で信頼性の高い運航を行うには、精度よくシャフト(軸)のアライメント調整を行うことが最も重要です。例えば、ミスアライメントによるスタンチューブベアリングの故障は、小型船であっても多額のメンテナンスコストがかかる可能性があります。大径のシャフトとカップリングの場合の軸芯出しの場合でも、イージーレーザー®なら、分解能0.001mmの高精度な測定を、わずか40°の回転で現在のズレ値と調整値を自動で計算し、表示します。

ラインボア アプリケーションをご用意

ディーゼルエンジンやスタンチューブ(またはギアボックス)に対するメイン(ジャーナル)ベアリングのアライメント調整は、スタンチューブの一端の軸面にレーザー発信器を、軸受位置にレーザー受光器を取り付け、測定を行います。スタンチューブ自体の真直度測定には、セルフセンタリングブラケットを用います。多くのディーゼルエンジンの大手メーカーが、イージーレーザー®を使用し、測定しています。

用途

● 船舶エンジン-ギアボックス(減速機)の軸芯出し
● 船舶エンジン-ギアボックス-プロペラシャフトなどの機械列の芯出し
● ディーゼルエンジンと発電機のアライメント測定・調整
● ディーゼルエンジンブロックの真直度・平面度測定
● スタンチューブ(またはギアボックス)に対する中間軸受のボアアライメント調整
● スタンチューブの真円度/同心度測定・調整
● エンジン、発電機などの据付時の平面度測定
● フランジの平面度測定

型式

イージーレーザー® E950ボアアライメント
直径80mm-1200mmのボアやベアリングジャーナルの真直度を計測するシステム。オープン・クローズとも計測可能。
イージーレーザー® XT660シャフトアライメント
分解能0.001mm、ドットレーザーと1軸PSDパネルを使用。最大測定距離20m、マシントレイン(機械列の芯出し)対応モデル。機械ベースのねじれ測定プログラムを搭載しており、測定ユニットを使用して、機械基礎の平面度またはねじれを確認できます。
イージーレーザー® XT770シャフトアライメント
回転機械の芯出しに必要な機能とプログラムをすべて搭載したハイエンドモデル。ドットレーザーと2軸PSDパネルを採用。オプションでGEO(3次元)測定キットを追加すると、バリュープログラムを使用して、最高の精度で平面度と真直度測定を実施できます。

製品カタログ ダウンロード

実績

● 産業用機械メーカー、ポンプメーカー、装置メーカー、化学製品メーカー、プラスチック製造メーカー、エンジニアリング、石油精製・化学プラント、製紙、造船、自動車、メンテナンスサービス(ポンプ/圧縮機/タービン/風車/貨物船など)、工事・建設業など

導入インタビューをみる

軸芯出しに関するFAQ

  Q. 初めてレーザー式を使うのですが、本当に誰でも芯出しができるのですか?

よくあるご質問

船舶メンテナンスに関するブログ記事

  船舶メンテナンスにおけるレーザーアライメントシステムの活用
  軸芯出しのケーススタディ ~船舶メンテナンス編~
  海運業界向けのアライメントソリューション

ブログ記事をみる

資料請求・お問い合わせ

見積依頼・問い合わせをする




製品ラインナップ

イージーレーザー

イージーレーザー