機械ベースの平面度(ねじれ)の測定方法(YouTube動画解説付き)

機械を安定運転したい--この思いを設備保全に関わる方は誰しもお持ちだと思います。そのために、いろいろなツールを購入し、精度よく測定と調整ができ、かつ、作業効率が高まるよう試しているという方、機械本体設置前に、機械ベースの平面度(ねじれ)も確認されているでしょうか?

「水準器でレベル出しはしているから大丈夫」という方、「確認したいけど、手間が増える」とお考えの方!レーザーでイージー!な日々に向けて踏み出しませんか?

本日はイージーレーザー®を活用した機械ベースの平面度(ねじれ)測定をご紹介します。

このようにA点~D点の4か所と、センターポイントがある機械ベースの測定の手順を写真で解説します。

機械ベースの平面度(ねじれ)の測定手順

ご紹介しているシステムを利用し、ポンプ-モーター間などの軸芯出し(シャフトアライメント)も行うことができます。軸芯出しの測定方法は動画解説をご覧ください。

YouTubeでも解説しています

一連の流れはYouTubeでもご確認いただけます(約5分)。解説は英語で行っていますが、本当にイージーに測定できますので、ぜひこちらもあわせてご覧くださいね。

文/石田有紀

※本サイトは鉄原実業株式会社が運営しております。


関連記事

  1. ロール設備の平行度・水平度調整、レーザー式で測定できる設備と測定方法

  2. ●●%のエネルギー削減を実現?!冷却塔の正確な軸芯出し

  3. レーザーアライメントシステムの活用で、製材所での効率アップ!

  4. 風車タワーのフランジ平面度測定

  5. ジオメトリー測定のケーススタディ ~紙パルプ製造用機械メーカー編~

  6. イージーレーザー®の利便性を向上させる各種機能とオプション品