イージーレーザー®XTシャフトアライメントでの計測終了後のデータ出力方法

こんな課題・お悩みをお持ちの方向けの記事です。


軸芯出し用に開発されたイージーレーザー®XTシャフトアライメントシステムは、ディスプレイユニットもしくはお手持ちのスマートフォン、タブレットに専用のアプリをダウンロードすることで、ズレ値、調整値をリアルタイムで把握できるだけでなく、PDFファイルやExcelファイルのレポート形式で出力することが可能です。

本日はその出力方法を解説します。

1. イージーレーザー®XTシャフトアライメントシステムで測定を完了し、レポート作成アイコンをクリックします

イージーレーザー®XTシャフトアライメントシステムでの軸芯出し測定方法はこちらのYouTubeの解説をご覧ください。

2. レポート画面にて、画面左上の三本線をタップします

3. リストが表示されますので、確定をタップします

確定をタップすると、画面下に1.共有、2.PDF、3.XLS(Excel)、4.テンプレートが表示されます。

4-1. 共有をタップした場合

Wi-fiを利用し、メールなどでPDFファイルの共有ができます。

4-2. PDFをタップした場合

タイトルと署名の記載が可能です。保存をタップすると、アプリ内にPDFファイルが保存されます。

5. 保存したデータの確認にはファイルマネージャーをタップします

保存されたファイルの確認には、トップ画面下のファイルマネージャーをタップします。

ファイルマネージャー左上の「選択」をタップすると、出力ファイルの選択が可能です。選択後、共有をタップすると先ほど記載した方法と同じくメールなどでファイルの出力が可能となります。

文/いしだ

※本サイトは鉄原実業株式会社が運営しております。


関連記事

  1. 【導入インタビュー】合同会社MAMADA様/XT440シャフトアライメ…

  2. 正確なベルトアライメントがもたらすコスト削減は●%!予防保全への取り組…

  3. 船舶メンテナンスにおけるレーザーアライメントシステムの活用

  4. モーターの猫脚の事前チェックで、さらに精度の高い軸芯出しを実現!ソフト…

  5. 「バリュープログラム」を活用すると、さまざまな機械をアライメント調整で…

  6. イージーレーザー®シャフトアライメント(軸芯出し)の代表的な測定方法4…