チャックなど、独立した回転軸の同軸度測定

レーザー式のアライメント測定では、芯を出したい対象物同士が離れた場合(独立した回転軸2本の芯出し)でも適用可能です。

ワークチャックへの測定ユニット取り付け例

イージーレーザー シャフトアライメント 軸芯出し

チェーン使用の場合、Φ20~150までのシャフトに対応、延長チェーンを取り付けることで最大Φ450まで対応できます。

チャックに直接、Vブラケットとチェーンを取り付けるケース

イージーレーザー シャフトアライメント 軸芯出し

このようにシャフトが露出していない場合は、チャックに直接、測定ユニットを取り付けます。大きい径の場合は、マグネットベースなど、オプション治具を利用し固定します。

中間軸が長い冷却塔のようなケース

イージーレーザー シャフトアライメント 軸芯出し

冷却塔のような、駆動側と被駆動側が数m離れている場合も、レーザー式は有用です。レーザーの直進性を活かせば、単軸の芯出しのプログラムを使用し、ライブモードでシム量や水平方向の調整量を確認しながらモーターの調整を実施できます。

測定ユニット回転時のポイント

測定ユニットには電子角度計が内蔵されており、ユニットの電源を入れると上部に表示されます。この角度計を確認しながら、測定ユニットが付いている軸を回転させます。

おわりに

このように対象物が離れている場合でも、レーザー式は直進性を活かし、高精度な測定が簡単に行えます。

文/いしだ

※本サイトは鉄原実業株式会社が運営しております。


関連記事

  1. イージーレーザー®の利便性を向上させる各種機能とオプション品

  2. レーザーアライメントシステムでの機械の精度測定、調整作業によって得られ…

  3. 過剰振動が発生した原因は●●値の設定を勘違いしたことだった?!

  4. 【導入インタビュー】T製紙/XT440シャフトアライメント

  5. 軸芯出しのケーススタディ ~メンテナンスサービス編 vol.2~

  6. 軸芯出しのケーススタディ ~メンテナンスサービス編~