Torsiflex(トーシフレックス)® カップリング

 

特徴

API対応カップリング
Torsiflex®カップリングは米国石油協会規格API610・API671に適合しているため、国内・海外プラントのカップリングへのAPI要求を満たすことができます。

国内生産
2015年10月に弊社が製品販売代理店を務めている大同精密工業株式会社が、国産化体制を確立しました。API対応カップリングの他社ではできないきめ細かいサービスの実現が可能です。

信頼性
高強度のディスクパックデザインを採用しているため、小径でも許容トルクを大きくとることができます。結果としてカップリング重量を減らすことが可能です。太径ボルトを使用することで、摩擦による高い伝達トルク容量と、ボルトに付加される曲げ応力の低減を可能にしています。

安全性
Anti-Flail機構の採用で、ディスク破損時もスペーサー位置を保持します。またオーバーロードワッシャの材料選定により、スパーク(火花)発生を防ぐ仕様となっているため、爆発性雰囲気での使用が可能です。

作業性
エレメントをスペーサーに組み込んだプラグイン構造で、ディスクパック部の組付け作業は、出荷前の工場で行うため、現場での取付け作業が容易です。
 

用途・実績

用途
◆ 各種ポンプ・ブロワ・コンプレッサ

実績
◆ 石油精製・石油化学・パイプライン・FPSO(Floating Production Storage Offloading)等
 

資料ダウンロード

製品リーフレットはこちら

 


関連商品

  1. フォームフレックスカップリング

    フォームフレックスカップリングは、1975年(昭和50年)に国産化を始めた日本で最初の積層板バネタイプのカップリングです。取扱い30年以上の実績から最適なソリューションをご提案します。

ページ上部へ戻る