モペット弁|往復動圧縮機向け部品

 

特徴

  異物環境下での信頼性向上を実現します
COOK COMPRESSION社製モペット弁は、往復動圧縮機で使用されているマンリー弁の後継として2001年に市場導入されました。以来、マンリー弁の利点を取り入れた、異物環境に強いシリンダ弁として、石油精製・化学会社プラントのダーティーサービスを中心にご採用いただいております。

  カートリッジ式シートを採用しているため、シート切削が不要です
損傷/摩耗したカートリッジだけを現場で取り換えることが可能です。使用したカートリッジを押し出し、新しいカートリッジを押し込むだけで、ラッピングやグライディング処理および機械加工等は一切必要ありません。

  統一サイズの小径ディスクを採用
ディスクは全弁で統一サイズ品を使用するため、曲げ応力を小さくすることができます。また、質量も小さいため耐衝撃性能が向上します。

  ガス通過穴やスプリング径を従来より大きく設計
スプリングを挿入するポケットベント穴の径は、リング弁やプレート弁の場合4.0mm程度ですが、モペット弁では15.8mm程度で設計しています。これにより異物を含む環境でも流速が落ちにくく、かつスプリングポート内部に異物が堆積するリスクを減らすことができます。また、異物接触時の耐久性向上のために、スプリングの径・コイル間ピッチが大きく、線径も太いものを使用しています。

 

用途・実績

  用途
◆ 往復動圧縮機のシリンダ弁

  実績
◆ 石油精製・化学会社を中心に、採用いただいております。詳細はお問い合わせください。
 

選定をご希望の方へ

現状の設備の仕様や課題についてヒアリング後、適した弁設計をご提案いたします。
お問い合わせフォーム よりご連絡ください。


関連商品

  1. リング・パッキン|往復動圧縮機向け部品

    COOK COMPRESSION社製のリング・パッキンは、米国Ariel社やDresser Rand社の標準パッキンに採用されるなど、米国内で数千台の導入実績を誇ります。現状の設備の仕様や課題についてヒアリング後、適したリング材質・設計をご提案いたします。

  2. マンリー弁|往復動圧縮機向け部品

    1971年の市場導入以来、石油精製・化学プラントを中心に数多くの往復動圧縮機で採用され、今もなお、COOK COMPRESSION社を代表するバルブとしてご利用いただいております。

ページ上部へ戻る