モペット弁|往復動圧縮機向け部品

 

特徴

  異物環境下での信頼性向上を実現します
COOK COMPRESSION社製モペット弁は、往復動圧縮機で使用されているマンリー弁の後継として2001年に市場導入されました。以来、マンリー弁の利点を取り入れた、異物環境に強いシリンダ弁として、石油精製・化学会社プラントのダーティーサービスを中心にご採用いただいております。従来のカートリッジ式を採用したモペット弁のほか、ディスクサイズを選択できる新型モペット弁のご案内も可能です。

  幅広いサイズのシリンダ弁に対応
新型モペット弁では中心径=25.4mm/18.1mmの2種類のディスクをご用意。Φ300超の大型からΦ50程度の小型シリンダ弁まで対応可能です。Φ120以下の弁には小サイズのディスクを使用することで流路効率の最適化ができます。

  安定的な長期連続運転を実現します
高リフト、かつ、スプリングサイズが大きいため、異物閉塞や噛み込みのリスクを低減させることができます。新型モペット弁ではシールはフラットな面合わせとなっており、高いシール性を実現、開閉時挙動が安定します。軽量の樹脂を採用した小径ディスクにより、開閉時の曲げ応力が小さいのも特徴です。

 

用途・実績

  用途
◆ 往復動圧縮機のシリンダ弁

  実績
◆ 石油精製・化学会社を中心に、採用いただいております。詳細はお問い合わせください。
 

選定をご希望の方へ

現状の設備の仕様や課題についてヒアリング後、適した弁設計をご提案いたします。
お問い合わせフォーム よりご連絡ください。


関連商品

  1. マンリー弁|往復動圧縮機向け部品

    1971年の市場導入以来、石油精製・化学プラントを中心に数多くの往復動圧縮機で採用され、今もなお、COOK COMPRESSION社を代表するバルブとしてご利用いただいております。

  2. リング・パッキン|往復動圧縮機向け部品

    COOK COMPRESSION社製のリング・パッキンは、米国Ariel社やDresser Rand社の標準パッキンに採用されるなど、米国内で数千台の導入実績を誇ります。現状の設備の仕様や課題についてヒアリング後、適したリング材質・設計をご提案いたします。

ページ上部へ戻る