瀬尾エンジニアリング株式会社様

XT440 シャフトアライメント 導入事例

高精度が求められる案件受注がきっかけでした

--レーザー式芯出しシステム検討のきっかけは何でしょうか?

10t超のモーターと減速機の据付案件を受注したのですが、芯出しの要求精度が厳しく、従来のダイヤルゲージでの作業では難しいだろうと考えていました。以前から、レーザー式の存在は知っており、そちらのほうが精度が出ると思いましたので、知り合いの業者の方にお願いして、インターネットで探していただきました。

画面を確認しながら作業できる点が気に入りました

--実際に製品を使用した感想や、使って良かった点をお聞かせください。

今回の計測対象設備は、非常に大型の電動機だったため、軸を回すのも一苦労です。しかしながら、イージーレーザーでは実際の数値を入力し、ライブモードで作業できるのが最高でした。時間が足りず、作業は翌日に持ち越しになりましたが、測長データを一時保存することができ、途中から再調整することができました。

他社との差別化に一役買ってくれることを期待しています

--導入を決定した理由は何でしたか?

導入を検討したきっかけは、案件受注でしたが、導入決定の時に決め手になったことがもう一つあります。他社(同業)が持っていないことです。大手メーカー様はレーザー式を所有しているとお聞きしますが、実際に据付を行う業者が持っているのとそうでないのではかなりのハンデが有ります。お客様に作業報告書を提出しますが、イージーレーザーは測定データをPCに転送できるので、レポート作成も楽になりそうです。

設備投資ですので、金額的な面では大きかったですが、営業活動をしながら、今後、各現場で活躍するようにしていきたいと考えています。