ご挨拶

Tetsugenは1964年(昭和39年)に生産設備の維持、改善のためのコストを低減し、生産性の向上に貢献することを目的に設立されました。そして生産設備の維持管理、改善に努力されている顧客企業とこれに不可欠な基幹部品において優れたコストパフォーマンスを研究し、最新技術を追求している部品メーカーの橋渡しの役を演ずる道を選び歩んでまいりました。

以来一貫して日本の部品工業界における専門技術商社としての使命を果たすため、お取引先の皆様への感謝の念を原点として、その信頼に応える努力を続けてきております。この企業理念を貫くためTetsugenはこれからも社員一人一人の人間性を尊重する創造性豊かな組織集団としてすべてのお取引先の皆様に心から信頼される仕事の完全性を追求する経営をしてまいります。

仕事の完全性につきましては社会の物的生産力向上のための技術-生産性-はもとより、とかく見落とされがちな環境問題や商品、サービスの安全性向上のための技術=人間性にも十分な考察を加え、本来あるべき生産性向上のためのご提案を続ける中で実現してまいりたいと考えております。

今後とも、皆様のご指導、ご鞭撻を心よりお願いいたします。

鉄原実業株式会社
代表取締役社長 水野 剛








ページ上部へ戻る