ブログ

MHCベアリングチェッカー 使用者アンケート大公開!

MHC-BC

当社では転がり軸受の状態診断用計測器をお取り扱いしています。そのエントリーモデルにあたるMHCベアリングチェッカーは使用感をご確認していただく目的でご購入前にレンタルするお客様も多くいらっしゃいます。

本日はレンタルを行ったお客様のアンケート内容の一部をご紹介したいと思います。
 

h2midashi  MHCベアリングチェッカーとは?

名刺サイズで持ち運び便利なMHCベアリングチェッカー(写真右)は、潤滑不良などの軸受の初期不良を早期に検知することが可能なAE(アコースティック・エミッション)技術を採用しています。

より詳細な診断を行いたい方向けに、FFT解析に対応した上位機種のMHCメモプロ(写真左)も展開しています。

MHCベアリングチェッカー
 

h2midashi  試用したお客様の声:良かった点

では早速、ご紹介していきましょう。

1. ベアリングチェッカーは大きくなく、持ちやすく、作業がしやすかったです。
2. 操作が簡単で使いやすかったです。
3. マグネットで取り付けられるので場所を選ばずできてよかったです。

食品メーカー ご担当者様

測定器はコンパクトで持ち運びがしやすく、計測も簡単で使いやすかった。

消費財メーカー ご担当者様

数値化できることが役に立ちそうです。

断熱材メーカー ご担当者様

測定部に強力なマグネットを使用しているため、水平でない測定部でも問題無く計測できました。
事前に煩わしい設定が必要無く、操作性がシンプルであるため誰が測定しても結果に大きな誤差が出ませんでした。
測定結果は数値で直ぐに確認できることと、結果の判断は数値の大小を比較するものであったことから、経験に頼らない判定が可能でした。
一回の充電で多数の計測が可能でした。

食品メーカー ご担当者様

操作がカンタンであるため、事前教育等が不要であること。

食品メーカー ご担当者様

測定が簡単に行え、再現性もよかったです。
測定する個所を決めておき、定期的な測定によって、装置のモニタリングが可能と感じました。

化学会社 ご担当者様

どこに設置しても同様の値が出る。充電がUSBで便利。

プラスチック製造 ご担当者様

コンパクトかつ使用方法が簡単で、特に専門知識もなく操作できるので、非常に使い勝手が良かったです。数値の表示や判定条件もわかりやすいので診断機器として活用できると思いました。

エネルギー関連会社 ご担当者様

 

h2midashi  試用したお客様の声:不便に感じた点

回転数の適用範囲が限定されていること。
センサ部の磁力が強いので、回転機器に設置する前に他の機器に接触する可能性があること。
回転機器の形状、表面の状況によってはセンサ部のヘッドが入らない場合があること。

エネルギー関連会社 ご担当者様

モーターのボディがアルミ等の金属だったときは測定器がつかないので、少し不便だった。

消費財メーカー ご担当者様

計測後の結果を機器内部に記憶できるのは、直前の測定結果のみであったことから、計測ポイントが多数になると、都度記録に手間がかかってしまいました。
測定されたデータは、機器本体へ記憶された後、USBを通してPCへ一括転送できる機能があれば良かったと思いました。
収録したディストレスとデシベルのデータ用に特化したPC用の集計ソフトがあれば、さらにデータの取り扱いが楽になり良いと思いました。

食品メーカー ご担当者様

グリースの使用。本体と記録用紙に加えて、グリスとウェスを持ち歩いて複数台の機器を点検するのは手軽ではない。

食品メーカー ご担当者様

ある程度連続して稼働しているものにしか使えない点。

産業機械メーカー ご担当者様

「Read」に時間がかかること。

断熱材メーカー ご担当者様

ファンケーシングとモーターの隙間に入らない個所が何か所かあり、点検できなかった。

メンテナンス会社 ご担当者様

お客様によって、不便に感じるポイントも異なりますね。MHCベアリングチェッカーは、操作器本体に小型センサが内蔵されたタイプのため、計測個所に入らないケースがあったり、データ書き出し機能がないため、その点に不満を感じたりといったご意見が多いです。

上位機種のMHCメモプロでは、センサは操作器からケーブルでつながっており、ヘッドフォンも付属しています。100rpm以下の低速での不良検知事例もあり、FFT解析にも対応しておりますので、より幅広い機器の軸受診断を行いたいという場合にはメモプロがおすすめです。ルート設定用のソフトウェアも付属していますので、最初にPCで設定したルート通りに計測することで、取得したパラメータをPCへ転送することができます。
 

h2midashi  おわりに

MHCベアリングチェッカーについてはこちらのページでも解説をしています。御見積、レンタルをご希望の方はリンク先のお問い合わせフォームをご利用ください。

文/石田有紀


ページ上部へ戻る