電磁センサ搭載ベアリング診断器

 

特徴

  電磁誘導の原理を応用したEMセンサを採用しています
EM(電磁)センサは磁石のため磁力を持っており、この磁力が内輪や転動体に緩衝したときに発生する「渦電流」の強さは内輪・転動体の動きと相関があります。例えば潤滑不良や微小傷によりこれらの部品ががたつくと、渦電流信号もガタツキを反映した信号となります。このガタツキ信号を評価することで、軸受の不良を早い段階で発見します。取得した信号は、データロガーのRISを介し、無線通信でAndroid端末に送られます。

  信号測定時間を自由に設定できるため、低速回転機でもFFT解析が可能です
内輪傷周波数とその高調波を検出することで、不良発生箇所の早期検知が可能です。

  簡易診断パラメータ EDP
異常レベルを3段階表示。FFTによる詳細解析を実施するか否かの簡易判定に使用します。

 

用途・事例

  用途
◆ 低速回転機の軸受診断

  事例
◆ 風車の主軸受の状態診断 
◆ 製紙工場の低速回転機械の測定
◆ 製鐵所におけるアンローダやコークス製造設備の測定 など

 

資料ダウンロード

製品カタログ
icon_1r_48
  EM設備診断装置
  時系列データ解析ソフトウェア Sigma

 

御見積・お問い合わせ

お問い合わせフォーム よりご連絡ください。


関連商品

  1. PROGNOST(プログノスト)® 回転機用状態監視・自動診断システム

    プログノストシステムズ社の回転機用状態監視システムは、初期段階で近いうちに生じる損傷を検知し、具体的に損傷が発生している部品を特定、その場所や範囲を表示し正確な診断を行います。

  2. MHCベアリングチェッカー|AEセンサ搭載ベアリング診断器

    日本総代理店として、MHCシリーズ取り扱い15年以上の実績。ハンディタイプの小型本体にAEセンサを搭載した簡易モデルで、持ち運びに便利。ポンプやモーターなどの汎用機器の転がり軸受の日常の簡易検査・診断に最適です。

  3. Omega Guard|オンライン状態監視システム

    Bachmann社のOmega Guardは、オンラインでのデータ監視を標準採用。既設へのシステム増設の場合、携帯用高速通信によるネットワーク接続確立に対応。ドイツオフィスにて専任担当が常時データ解析を行い、メンテナンス対応のアドバイスを実施。

  4. MHC|AEセンサ搭載ベアリング診断器

    日本での発売から15年。MHCは、低速~高速(0.25-70,000rpm)まで、さまざまな回転機器に1台で対応。どなたでも迷わず軸受不良の早期検知ができます。

  5. PROGNOST®-プレディクター|軸受・ギアのオンライン自動診断システム

    PROGNOST®-プレディクターは、回転機械の常時監視と自動状態診断システムで、プロセス上重要な機器管理に有効です。専任の保全員がいない、振動の知見がない企業様でも安心してご利用いただけます。

  6. イージーレーザー®|シャフトアライメント(軸芯出し)

    軸芯出しに関するお悩みを抱えていませんか?「イージーレーザー」導入で、芯出し結果の数値化、作業時間を短縮。最適な器種の選定から実機での導入トレーニングまで、サポート体制も充実。ダイヤルゲージでの作業が大変なアプリケーションでも、わずか数時間で軸芯出し作業をマスターできます。

ページ上部へ戻る