遊星減速機

 

特徴

  遊星減速機LP・LPBタイプ
◆ バックラッシュ12~15分の普及機種
◆ 高効率で低騒音、出力軸にもラジアル負荷をセット可能
◆ LBPはタイミングプーリー一体型オールインワン減速機

  遊星減速機SPタイプ
◆ バックラッシュ1~4分の標準機種で、高効率、低騒音、高出力を実現
◆ 驚きのコンパクト設計
◆ 出力軸にピニオン、プーリー、アーム等のラジアル負荷取付可能
◆ 幅広いギヤ比を標準品としてラインナップ
◆ すべてのサーボモーターとダイレクトに接続
◆ 高速タイプとしてMCタイプ、高性能タイプとしてXPタイプもラインアップ

  遊星減速機TP・TPMAタイプ
◆ バックラッシュ1~3分の最上級モデル
◆ 高精度、高耐久性出力軸フランジタイプでラジアル負荷能力が大きい
◆ 幅広いギヤ比を標準品としてラインナップ
◆ 高出力でありながら全長が短くコンパクト
◆ すべてのサーボモーターとダイレクトに接続

  直交軸減速機SK,HG,TK,SPK,TPKタイプ
◆ 高精度ハイポイド+遊星減速機システム
◆ 通常のベベルギヤ、マイターギヤよりコンパクトで高精度
◆ 出力軸によりシャフトタイプのSK,SKP
◆ 中空軸のHG、フランジタイプのTK,TPKがラインアップ

  ラックピニオンシステム
◆ プレミアムタイプとバリューの2精度タイプのヘリカルラックをラインアップ
◆ ピニオンは遊星減速機と一体で提供
◆ すべてCymex®により強度計算され最適の組み合わせを選定
◆ 高品質材料とヘリカルの採用で従来の平歯ラックの1~2サイズダウンが可能
◆ 200m/分の高速駆動でも低騒音、低振動、高精度、高剛性

 

御見積・お問い合わせ

現状についてヒアリング後、世界中のサーボモーターを網羅した選定プログラムCymex®を使用し、ご提案いたします。
お問い合わせフォーム よりご連絡ください。


ページ上部へ戻る