2019年7月24日~26日 イベント詳細

メンテナンス・レジリエンス TOKYO 2019 / プラントメンテナンスショー

鉄原実業株式会社は、7月24日~26日の3日間、東京ビッグサイトで開催された「メンテナンス・レジリエンス TOKYO 2019」に山口産業株式会社と共同出展いたしました。

多数のご来場、誠にありがとうございました。
 

当日の様子

メンテナンス・レジリエンス TOKYO 2019
メンテナンス・レジリエンス TOKYO 2019
ブースの様子① ブースの様子②
メンテナンス・レジリエンス TOKYO 2019
メンテナンス・レジリエンス TOKYO 2019
シャフトアライメント(軸芯出し) タッチパネル式XTシリーズ
メンテナンス・レジリエンス TOKYO 2019
メンテナンス・レジリエンス TOKYO 2019
ジオメトリー(3次元)測定 ロールの平行度・水平度測定

 

概要


展示会名 メンテナンス・レジリエンス TOKYO 2019 link1
日時 2019年7月24日(水)~26日(金) 10:00~17:00
会場 東京ビッグサイト
小間番号 西3ホール(4F) W3G-03
テーマ 鉄原実業株式会社は1964年の設立以来、日本・海外企業の豊富なネットワークを活かし、生産設備の各種部品や設備診断用の計測器などを提供する技術商社です。本年は、日本製タフト機の輸出及び国内販売やメディカル関連機器製造装置等の輸入販売を行っている山口産業株式会社(イージーレーザー日本総代理店)と共同出展いたします。

レーザー式芯出し測定器 『イージーレーザー® 』は、ポンプ-モーター間のカップリング、タービン・風車等の風水力機器といった回転機械の軸芯出しが簡単・高精度に行えます。

薄膜素材製造用コンバーティング機械には、複数の生産性を改善・向上する製品をご用意しております。
<用途・製品>
■製品のヨレ・シワ防止のために、高精度なロールの平行度・水平度の調整を実現するイージーレーザー社の専用計測装置。
■計器を取り付け、監視・診断を行うことで、保全周期の最適化や製品不良の未然防止を実現する製品として、①ハイデンハイン社の自己診断機能付エンコーダー、②バッハマン社の軸受・ギア状態監視・診断システム、の2点をご紹介。どちらも製品不良に至る前の計画的機器停止を実現します。

【こんな方におすすめです】
〇 ダイヤルゲージよりも高精度な測定を行いたい方、物理的制限によりゲージでの芯出しが困難な設備を保有されている方
〇 案件受注のため、同業他社との差別化を図りたい工事業者様・エンジニアリング会社様
〇 レポート作成を簡単に、時間短縮したい方
〇 ロールのズレ・傾きなど、芯出し不良による高機能フィルム素材のヨレ・シワ(生産ロス)にお困りの方
〇 軸受・ギア状態監視、エンコーダー自己診断によるコンバーティング機器の運転最適化を検討されている方

ブース内ではデモ機を使用したデモンストレーションも実施しております。ぜひお気軽にお立ち寄りください。

出展製品 ■ レーザー式芯出し測定器 『イージーレーザー® 』(イージーレーザー社/スウェーデン)
〇 シャフトアライメント(回転機械の軸芯出し)
〇 ロールアライメント(ロールの平行度・水平度測定)
〇 マシーンツール(真直度・直角度・平面度・スピンドル測定等の各種3次元測定)
〇 ベルトアライメント(Vベルト・タイミングベルトの平行度測定)
〇 高精度デジタル水準器(据付時のレベル出し)
■ 『ロータリエンコーダ』(ハイデンハイン株式会社)
製鐵・製紙プラントで、位置制御や速度制御に最適なロータリエンコーダ。薄膜素材製造用コンバーティング機械向けの予防保全に役立つ診断機能を紹介。
■ 『オメガガード』(バッハマン モニタリング社/ドイツ)
製品不良の未然防止を実現する軸受・ギア状態監視・診断システム。
※ 出展製品は変更になる場合がございます。予めご了承ください。

 

 

【お問い合わせ先】
鉄原実業株式会社 
TEL:03-3937-0631 / FAX:03-3937-1572
Web:https://form.k3r.jp/tetsugen/inquiry


ページ上部へ戻る