2018年7月18日~20日 イベント詳細

メンテナンス・レジリエンス TOKYO 2018 / プラントメンテナンスショー

鉄原実業株式会社は、7月18日~20日の3日間、東京ビッグサイトで開催された「メンテナンス・レジリエンス TOKYO 2018」に出展いたしました。

多数のご来場、誠にありがとうございました。

出展製品一覧

 

当日の様子

メンテナンス・レジリエンス TOKYO 2018
メンテナンス・レジリエンス TOKYO 2018
ブース外観① ブース外観②
メンテナンス・レジリエンス TOKYO 2018
メンテナンス・レジリエンス TOKYO 2018
AEセンサ搭載ベアリング診断器 MHC デモの様子
メンテナンス・レジリエンス TOKYO 2018
メンテナンス・レジリエンス TOKYO 2018
EMセンサ・RISとAMADIS 軸受・ギアのオンラインシステム Omega Guard
メンテナンス・レジリエンス TOKYO 2018
メンテナンス・レジリエンス TOKYO 2018
ロータリエンコーダ(ハイデンハイン株式会社) 500名を超える方々にお立ち寄りいただきました

 

概要

展示会名 メンテナンス・レジリエンス TOKYO 2018 link1
日時 2018年7月18日(水)~20日(金) 10:00~17:00
会場 東京ビッグサイト
小間番号 東1ホール 1F-08
テーマ 『回転機械の予防保全・予知保全』をテーマに、稼働中の機械の健全性評価や、設備保全をサポートする製品を展示します。
AE技術を用いたベアリング診断器や低速回転機械ベアリングのFFT解析が可能な計測器、軸受・ギアの常時監視用オンラインシステムなど、精密機械の品質管理や生産ロスに直結する重要機器の保全活動に寄与する機器をラインナップ。ブース内では実際の計測の様子やシステム画面などのデモンストレーションも実施しております。
出展製品 AEセンサ搭載ベアリング診断器『MHC (Parker Kittiwake社)
○ MHCメモプロ
○ MHCクラシック
○ MHCベアリングチェッカー

電磁センサ搭載ベアリング診断器『EMセンサ・RIS (株式会社IIU)

音響診断装置 『AMADIS-01』『AMADIS Pocketable』 (株式会社IIU)

低速回転軸・ギアボックス向けオンライン振動監視システム『Omega Guard』(Bachmann社)

『ロータリエンコーダ』(ハイデンハイン株式会社)
○ インクリメンタルロータリエンコーダ
○ 堅牢型インクリメンタルロータリエンコーダ 新800シリーズ

※ 出展製品は変更になる場合がございます。予めご了承ください。

PDF PDF資料ダウンロードlink1

 

【お問い合わせ先】
鉄原実業株式会社 
TEL:03-3937-0631 / FAX:03-3937-1572
Web:https://form.k3r.jp/tetsugen/inquiry
ページ上部へ戻る