ジオメトリー測定

 

E910
E915
フランジの平面度測定用システム。測定直後、ディスプレイユニットで3D画像による測定結果の閲覧が可能。
E920 各機械設備の3次元幾何学計測を行うベーシックタイプ。(トップ写真はE920一式)
E930 押出機のシリンダ(バレル)の真直度や回転軸方向の計測を行うシステム。
E950 ボアやベアリングジャーナルの真直度を計測するシステム。オープン・クローズとも計測可能。
E960 径の異なるダイヤフラムなどの真直度を計測するシステム。
E970 プリズムを介してロールシャフト端面に設置した受光器へレーザーを照射。フレーム側面からしかレーザー光が入らないロールが密集した機械で優位性を発揮 。
E975 受光器をローラー上部に配置。フレームや機械カバーの内側でも計測が可能。特に1本ないし2本のロールのみ同時に交換や調整が必要な時に最適。
E290 定盤・工作機械のベッド・ロールなどのレベル出しのように、多種多様な機械の据付けや調整に便利なデジタル高精度水準器。
XT190 BTA Vベルト、タイミングベルト、フラットベルト、チェーンドライブ等、各種ドライブに対応。平行度ズレと角度ズレをデジタルでライブ表示。

シャフトアライメント(軸芯出し)

 

XT440 分解能0.001mm、測定距離10mまで対応したエントリーモデル。ラインレーザーを採用した水平および垂直設置型機械の芯出し専用ユニット。測定ユニットには電子角度計が内蔵されており、わずか40度の回転領域で計測が可能です。
XT660 分解能0.001mm、ドットレーザーと1軸PSDパネルを使用。最大測定距離20m、マシントレイン(機械列の芯出し)対応モデル。機械ベースのねじれ測定プログラムを搭載しており、測定ユニットを使用して、機械基礎の平面度またはねじれを確認できます。
XT770 回転機械の芯出しに必要な機能とプログラムをすべて搭載したハイエンドモデル。ドットレーザーと2軸PSDパネルを採用。オプションでGEO(3次元)測定キットを追加すると、バリュープログラムを使用して、最高の精度で平面度と真直度測定を実施できます。