ブログ

[導入インタビュー] イージーレーザー®シャフトアライメント(軸芯出し)

eikenkikai

本日は、「イージーレーザー®」の導入インタビューをご紹介します。永研機械工業株式会社 代表取締役の今口様にご協力いただきました。
 

「お客様の声にお応えしたい」その思いが検索のきっかけ

--本日はお時間をいただき、ありがとうございます。レーザー式芯出しシステム検討のきっかけは何でしょうか?

最近、芯出し作業のご依頼があり、お客様のご要望にそったサービスの提供はもちろんのこと、作業効率向上の観点も重要なので、その点も満たす製品がないか、インターネットで調べたことが、レーザー式の軸芯出しシステムを知ったきっかけです。システム使用のメリットなどを解説した資料の請求をし、他社製品も含め本格的な検討をはじめました。
 

お客様に信用していただける芯出し作業について考えました

--イージーレーザー導入の決め手は何でしたか?

レーザー式システムであれば、ダイヤルゲージのようなアナログツールと異なり、芯出し結果が自動でデジタル表示されますし、精度がよく安心感があります。当社のサービスをお客様に信用していただける、仕事を依頼していただけるといった点に魅力を感じました。

実は、他社製品の見積も取っていたのですが、ほとんど性能に違いがないように感じていました。鉄原の担当者は実機を持ち込み、使用方法など、製品説明やデモンストレーションを実施いただいたことからイージーレーザーを選びました。
 

変化し続けるお客様の芯出しニーズにお応えするために

--導入後の(見込み)効果、今後の展望についてお聞かせください。

お客様からのお話や案件依頼の傾向から、今後、レーザー式測定器での芯出し、レポート提出のご要望が増えてくると感じています。導入に踏み切ったのは、その流れをいち早く捉え、お客様によりよいサービスを提供していくためですので、しっかりと活用していきたいと思います。

  永研機械工業株式会社様

大阪府岸和田市を基盤に設備の新設、メンテナンス時の据付工事他、事業内容は、各種ポンプメーカーのサービス店として機械器具設置・販売・修理、建築物排水管清掃工事・管内カメラ調査等、多岐にわたります。

  XT660シャフトアライメントを導入。

取材/岩見直樹
構成・文/石田有紀

columninfomation



ページ上部へ戻る