風力発電設備のメンテナンス

イントロダクション

日本では、2030年のエネルギーの姿を示した「エネルギーミックス」で、「電源構成」(電力を発電する方法の組み合わせ)のうち1.7%程度を風力発電とすることを目指しています。しかし、2017年3月時点で、太陽光発電は2030年見通しに対して約61%の導入が進んでいるのに対し、風力発電の導入は約34%程度と言われています。

風力発電の稼働を進め、今後競争力のある発電方法とするために、保守運用をおこなう人材の育成や、メンテナンスの効率化が求められています。

本資料では、効率的なメンテナンスを実現する『レーザー式芯出しシステム』『低速向けポータブル型軸受診断器』『オンライン状態監視システム』について解説しています。
 

目次

1章 レーザー式システムによる軸芯出し
2章 低速回転軸受の診断
3章 風力発電設備の状態監視

ページ上部へ戻る