軸受診断 上級 – eBook –

イントロダクション

軸受(ベアリング)に限らず、カップリングのミスアライメントや羽根のアンバランスの診断にも活用できる手法、「FFT」。
中でも「振動センサ」での信号取得・解析は多くの現場で用いられています。

しかし、低速回転機械ではフレームを揺らす振動にならず、振動センサでの信号取得・解析が難しいケースがあります。

本資料では、『軸受診断 上級編』と題して、FFT解析の基礎から、低速機でFFT解析が難しい理由を解説。そのほか、電磁誘導を利用した手法「EM」をご紹介します。
 

目次

1章 周波数とは?
よく耳にする周波数。どういう現象なの?
設備診断における周波数

2章 FFTで詳細解析を実施しよう!
FFTって何の略?得られるアウトプットとは?
低速回転設備では振動診断によるFFTによる解析が難しいのはなぜ?
低速回転でもFFT解析ができる技術はないの?     

3章 新たな診断手法、「EM」とは?
電磁誘導の原理を用いたEMセンサとは?
どのような設備に適用できる?     ・・・etc.

ページ上部へ戻る